病気のメカニズムと治療の方法を知って治そう、双極性障害

きれいに鉢に植えられた花

双極性障害とは?

「双極性障害」というネーミングがなされてしまうと、何だか稀代の難病が登場したかと思われがちです。ちょっと語感が大それた感じだし、なみの「障害」とはちょっと違うんだろうという感じがあります。
しかし、実はこのネーミングは、僕たちがよく知る名前に変換することが可能です。
手っ取り早く書けば、双極性障害とは「躁うつ病」のことです。別名「気分障害」と呼ばれるこの病気にかかってしまうと、気分の振れ幅が普通よりもちょっとばかり大きくなってしまうのです。
「双極」というのはそういう意味なのです。地球に北極と南極があるように、2つの真逆の頂点があって、どちらの性質も持ってしまうという心の障害のことを、「双極性障害」と呼ぶのです。

躁状態、つまり気分が高ぶってどうしようもなくなってしまう状態。うつ状態、つまり気分が沈み込み、ちょっと普通に引っ張っても引き上げられなくなってしまった状態。
この2つの気分が、代わる代わる訪れて気分が一定せず、落ち着かないというのが、双極性障害であるわけです。

概要を聞くだけでも厄介な感じは伝わると思いますが、この病気が厄介なのはそれだけにとどまるものではありません。というのも、双極性障害という病気は風邪のように一過性のものではなく、慢性的な性質を持ったものなのです。
つまり、一度かかってしまうと、その先ながく付き合っていかなければならない病気となるものなのです。
とはいえ、ことさらに構えすぎてしまったり、絶望してしまうことはありません。慢性的な双極性障害ともしっかり向き合い、付き合っていくことが出来る治療方法は、その分野でしっかりと進められています。
きちんと病院へ行き、適切な治療さえ受けていれば、この病気が人生を奪ってしまうということはありません。

油断は出来ないし、決して軽視できない病気ではありますが、治療不可能なものではない。このことは、知っておきましょう。